自炊した本をiPadで読む


電子化した本をiPadで読む

 当サイトでは、本の裁断やスキャンから、iPadでPDFを閲覧する方法まで、自炊について知っておきたいことをすべて解説しています。自炊を始めたばかりの方や、これから自炊をしようと検討している方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

 電子化(自炊)した本のPDFファイルをiPadで閲覧するためのアプリを2つご紹介します。アプリ名またはアプリのアイコンをクリックすると、AppStoreのアプリのページに飛ぶことができます。

i文庫HD

 「i文庫HD」はPDFビュアーアプリの中で最も多機能で、PDFの閲覧に必要な機能が全て揃っています。PDFの1ページ目を本の表紙として表示し、本棚に並べて閲覧できます。PDFの処理速度が速く、サクサクとページがめくれます。ページをめくる際のアニメーションも綺麗です。PDFの閲覧や本棚の整理に関して非常に細かい設定ができ、こだわりが多いユーザーの期待にも答えてくれます。
 PDFだけでなく青空文庫が読めるのも特徴です。

 

価格 機能 評価
800円 iPad. iPhone, PDF, 閲覧, ビュアー, 電子化, 自炊, ScanSnap, スキャナ, 断裁機, 裁断機 iPad. iPhone, PDF, 閲覧, ビュアー, 電子化, 自炊, ScanSnap, スキャナ, 断裁機, 裁断機

Bookman Pro for iPad

 PDFの閲覧に関して、基本的な機能は全て揃っています。PDFを本棚に並べて閲覧する機能があり、本棚のデザインも美しいです。i文庫HDと比べると、細かい設定で不足している部分がありますが、250円なのでコスト&パフォーマンスは素晴らしいです。青空文庫を読まない方で、さらにPDF閲覧に特にこだわりがなければ、このアプリで十分満足できると思います。

 

価格 機能 評価
250円   iPad. iPhone, PDF, 閲覧, ビュアー, 電子化, 自炊, ScanSnap, スキャナ, 断裁機, 裁断機

PDFファイルをiPadに転送する

 i文庫にPDFファイルを転送する際、iTunesを通してiPadに転送しようとすると、ファイルしか送ることができません。フォルダをドラッグ&ドロップすると、フォルダ構造が崩れ中のファイルがバラバラになった状態で転送されてしまいます。フォルダの構造を保ったまま転送するには、「FTP転送」や「USB転送」を利用する必要があります。そのほか、オンライン上に保存されているフォルダを「オンラインストレージ」や「WebDAV」を利用して閲覧することもできます。当サイトで紹介している無料のオンラインストレージサービス「SugarSync」も利用することができます。

 

 ここではフォルダ転送やオンラインストレージとの連携方法は説明しませんが、アプリの中にマニュアルが用意されています。i文庫HDのアプリを開き、最下部のバーの「設定」をタップし、「マニュアル」を選択すると、フォルダ転送やオンラインストレージと連携する方法のマニュアルを読むことができます。操作画面の写真付きで分かりやすい説明が書いてあるので、そちらをご覧下さい。

 




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

iPad必須アプリ14選

iPadに絶対入れておきたいアプリを14個選びました。

自炊(本の電子化) 関連記事

自炊(本の電子化)とは
本をスキャンしてPDF形式で保存する「自炊」(本の電子化)とそのメリットを説明します。
自炊に必要なもの
自炊(本の電子化)に必要な「裁断機」と「スキャナ」をご紹介します。
裁断機で本を裁断する
裁断機を使って本を裁断する方法を説明します。
ScanSnapの設定(初回のみ)
ScanSnap Managerの設定方法を解説します。
ScanSnapで本をスキャンする
実際にScanSnapを使って本をスキャンする方法を詳しく説明します。
AcrobatでOCRをする
Adobe Acrobatを使ってPDFをOCR(文字認識)する手順を説明します。
自炊した本をiPadで読む
PDF化した本をiPadに転送して読むためのアプリをご紹介します。