ScanSnapで本をスキャンする


ScanSnapで本をスキャンする

 当サイトでは、本の裁断やスキャンから、iPadでPDFを閲覧する方法まで、自炊について知っておきたいことをすべて解説しています。自炊を始めたばかりの方や、これから自炊をしようと検討している方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

ここでは、自炊専用のスキャナ「ScanSnap S1500」を使って、実際に本をスキャンする方法を説明します。ScanSnap Managerの設定こちらをご覧ください。

FUJITSU ScanSnap S1500

36547円

 

 

 

 以下では、「裁断機で本を裁断する」で使った『IDEA HACKS!』という本を、ScanSnap S1500を使ってスキャンしていきます。

 

 

 まず、ScanSnapがUSBケーブルでパソコンに接続されていることを確認してください。カバーを空けると自動的に電源が入って、いつでもスキャンが始められる状態になります。

手順@ 表紙をスキャンする

 まず、表紙をスキャンします。iPadなどのアプリでPDFファイルを並べたときに、PDFファイルの最初のページがアイコンとして表示されるので、表紙を最初にスキャンしておくとiPadで本棚のように表示できます。

 

最も分かりやすいのは、表紙を切り取る方法です。

 

 

表紙を下の写真のような向きでセットします。

 

 

青く光っている「Scan」ボタンを押せば、スキャンが始まります。表紙のスキャンが終わったら、次は本全体のスキャンをします。

表紙のスキャンが終わったあとに、パソコンでスキャン状況が表示されている画面から、保存画面に切り替わってしまう場合は、ScanSnapの設定の「読み取りモード」で「継続読み取りを有効にします」にチェックを入れてください。

 このほかにも、表紙をまるごとスキャンして、後から付属のPDF編集ソフト「Acrobat」を使ってトリミングするという方法もあります。表紙を切りたくない方や、ハサミで綺麗に切るのが面倒だという方に向いているかもしれません。

 

 実用書のサイズ(A5)の場合、表紙の紙をまるごとスキャンすると長くてエラーが出ます。その際は、通常のスキャンではなく「Scan」ボタンを点滅するまで長押しすることで、「長尺」スキャンができます。長尺スキャンでは、最大86cmまでの紙を途切れずに一度でスキャンできます。

 

  

手順A 本全体をスキャン

 ScanSnapで一度にスキャンできるのは約50枚(100ページ)です。この本は230ページあるので、3回に分けてスキャンしていきます。

 

 

 本の束は、ページが若い方を下にして、上下逆さまにしてセットします。下の写真のような向きになります。(ページの向きを自動で認識してくれる機能はありますが、取りあえずこのようにセットしておけば間違いありません。)

 

 

 束をセットしたら、横に付いている2つのバーで固定して、本の束が動かないようにします。青く光っている「Scan」ボタンを押すと、スキャンが始まります。

 

  

 

 スキャンが終わったら、次の束をセットしてスキャンします。すべての束のスキャンが終わったら、最後にパソコン側で操作してスキャンデータのPDFを保存します。

 

 私は裏表紙はスキャンしませんが、スキャンしたい方はスキャンしてください。裏表紙をスキャンするメリットは、本の価格がすぐに分かることと、バーコードをAmazonのiPhoneアプリなどで読み取って本の情報やレビューを見れることだと思います。今後このバーコードを読み取って何かに活用できるアプリが出てくるかもしれません。

手順B PDFに保存する

 すべてのスキャンが終わったら、パソコンに表示されている画面で「読み取り終了」をクリックしてください。

 

 

 ScanSnapの設定で「検索可能なPDFにします」にチェックを入れている場合は、ここで少々待つことになりますが、そうでなければ以下の画面がすぐに表示されます。

 

 

 保存するPDFファイルの名前と保存場所を指定して、「保存」をクリックすれば、スキャンしたPDFファイルの完成です。PDFファイルをパソコンで読んだり、iPadに転送して読むことができるようになります。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

自炊した本をiPadで読む

PDF化した本をiPadに転送して読むためのアプリをご紹介します。

自炊(本の電子化) 関連記事

自炊(本の電子化)とは
本をスキャンしてPDF形式で保存する「自炊」(本の電子化)とそのメリットを説明します。
自炊に必要なもの
自炊(本の電子化)に必要な「裁断機」と「スキャナ」をご紹介します。
裁断機で本を裁断する
裁断機を使って本を裁断する方法を説明します。
ScanSnapの設定(初回のみ)
ScanSnap Managerの設定方法を解説します。
ScanSnapで本をスキャンする
実際にScanSnapを使って本をスキャンする方法を詳しく説明します。
AcrobatでOCRをする
Adobe Acrobatを使ってPDFをOCR(文字認識)する手順を説明します。
自炊した本をiPadで読む
PDF化した本をiPadに転送して読むためのアプリをご紹介します。