ScanSnapの設定


ScanSnap Managerの設定をする

 当サイトでは、本の裁断やスキャンから、iPadでPDFを閲覧する方法まで、自炊について知っておきたいことをすべて解説しています。自炊を始めたばかりの方や、これから自炊をしようと検討している方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

 ここでは、自炊に使うスキャナ「ScanSnap S1500」のソフト「ScanSnap Manager」の設定方法を解説します。以下では、ScanSnap Managerがインストールされていることを前提に話を進めます。

FUJITSU ScanSnap S1500

36547円

 

設定画面を開く

まず、ScanSnapの設定画面を開きます。
(「すべてのプログラム」から、「ScanSnap Manager」→「ScanSnap Managerの設定」を開くか、PC画面の右下のアイコンから開くことができると思います。)

 

  

 

以下のような画面が出てくるので、「クイックメニュー」の横にチェックが入っている場合は、チェックを外してください。

@アプリ選択

まず、「アプリの選択」の設定をします。

 

 

 特にスキャンデータの用途が決まっていなければ、基本的に「指定したフォルダに保存」を選択すれば大丈夫です。

 

(これは、スキャンしたデータをパソコンに保存する、という意味です。一度パソコンに保存すれば、メールで送信したり、Evernoteに保存したり、プリントしたり出来るので、全ての基本は「指定したフォルダに保存」です。)

A保存先

 次に、保存先の設定です。
「参照」をクリックして、保存場所を指定します。

 

 

 保存先をSugarSyncと同期しているフォルダにすれば、スキャンデータのPDFを保存した後に、パソコンからでもスマホやタブレットからでもPDFファイルが開けるようになります。

B読み取りモード

 次は、読み取りモードの設定です。ここが非常に重要です。

 

 

 「画質の選択」ですが、大ざっぱに言うと、「自動選択」は読むのに問題がないレベル、「スーパーファイン」は必ず快適に読めるレベルです。(自動選択は、だいたいノーマルかファインあたりの画質になります。)

 

 私の場合は、iPadでちゃんと読みたいと思う本は「スーパーファイン」で、すでに読み終わった本や取りあえず電子化したいだけの本は「自動選択」でスキャンしています。

 

下に「自動選択」の場合のサイズの目安を載せておきます。

・実用書(A5、300ページ、白黒、文字のみ)→15MB
・実用書(A5、300ページ、カラー、図・文字)→60MB
・業界地図(B5、250ページ、カラー、図・文字)→80MB
・『日本の論点』(A5、800ページ、白黒、文字)→150MB

「スーパーファイン」の場合は、サイズが上記の約2倍になります。

 

 iPadで閲覧したときの表示速度ですが、初代iPadではスーパーファインだと表示が遅れることがよくあります。iPad2では、スーパーファインでも問題なくペラペラめくれて、すぐにページを表示できます。

 

 最後に重要なのが、「継続読み取りを有効にします」にチェックを入れることです。1回にスキャナにセットできる枚数が約50枚(100ページ)なので、本をスキャンする場合は3、4回連続してスキャンすることになります。ここにチェックを入れないと、1回スキャンが終わるとすぐに保存画面に行ってしまいます。

 

Cファイル形式

 ファイル形式ですが、基本は「PDF」です。

 

 

 赤枠で囲んだ「検索可能なPDFにします」ですが、いわゆるOCR(文字認識)のことです。ここにチェックを入れると、スキャン後に本の画像を分析して、文字情報を付加することにより、PDF内の文章をキーワード検索できるようになります。この設定をすると、スキャンが終わってから保存画面が出るまでに少々時間がかかります。

 

 しかし、時間がかかるとはいえ、OCR(文字認識)により本の文章が検索できるようになるのは、「自炊」の大きなメリットの1つです。漫画や小説のような楽しむための本には不要かもしれませんが、実用書や専門書などから必要な情報を検索して見つけ出す際に大きな力を発揮します。

 

*この他にも、付属のPDF編集ソフト「Adobe Acrobat」を使ってOCRするという方法もあります。上で紹介した方法よりも手順は複雑になりますが、使えるようになればAcrobatの方が便利です。この方法については、こちらをご覧下さい。

最後に「OK」をクリックして、ScanSnapの設定は終わりです。準備が整ったら、実際にScanSnapで本をスキャンしてみましょう。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

ScanSnapで本をスキャンする

実際にScanSnapを使って本をスキャンする方法を詳しく説明します。

自炊(本の電子化) 関連記事

自炊(本の電子化)とは
本をスキャンしてPDF形式で保存する「自炊」(本の電子化)とそのメリットを説明します。
自炊に必要なもの
自炊(本の電子化)に必要な「裁断機」と「スキャナ」をご紹介します。
裁断機で本を裁断する
裁断機を使って本を裁断する方法を説明します。
ScanSnapの設定(初回のみ)
ScanSnap Managerの設定方法を解説します。
ScanSnapで本をスキャンする
実際にScanSnapを使って本をスキャンする方法を詳しく説明します。
AcrobatでOCRをする
Adobe Acrobatを使ってPDFをOCR(文字認識)する手順を説明します。
自炊した本をiPadで読む
PDF化した本をiPadに転送して読むためのアプリをご紹介します。