Evernoteをバックアップする方法


Evernoteをバックアップする方法

 どんなデバイスでも、どんなソフトでも、データのバックアップを取っておくことは欠かせません。Evernoteのノートをバックアップする方法は主に3通りあります。

Evernote公式ソフトを使って、手動でノートをバックアップ

    →全ノートをアーカイブにエクスポート

Evernoteプレミアム会員になる(月450円/年4000円)

    →ノートの履歴のバックアップを自動作成してくれる

(Windows用)ソフトを使って、自動的にバックアップを作成

    →Evernote Exporterを使う

 

 

方法@ Evernote公式ソフトで手動バックアップ

 これは、Evernoteの公式ソフトを使って、手動でバックアップを作成する方法です。説明に使う操作画面はMacですが、Windowsでもほぼ同様の方法でバックアップできます。

 

 まず、バックアップをしたいノートを選択します。全部のノートをバックアップする場合は、「全ノート」を表示してノートを1つ選択した状態で「Control+A」(MacはCommand+A )を押せば全部のノートが選択されます。

 

 ノートを選択したら、下の画像のようにメニューの「ファイル」→「ノートをアーカイブにエクスポート」をクリックします。アーカイブにエクスポートと言われると分かりづらいですが、要するに「バックアップを保存する」ということです。

 

 すると保存画面が表示されます。(↓保存画面の下半分の画像です。)

 

 ここで、「各ノートのタグを含める」にチェックを入れると、ノートのタグも保存されます。方法Aで紹介するEvernoteサーバーによるバックアップは、ノートの中身だけでタグのバックアップは取ってくれないので、これがタグをバックアップする唯一の方法です。

 

 スクラップの整理にタグを使っている方も多いと思いますが、大量にあるノートのタグを間違って消してしまって、タグを付け直すのは非常に大変な作業です。私は以前ノート数百枚に関わるタグを消してしまったことがありますが、1週間ごとにこの方法でバックアップを取っていたので助かりました。ノートを削除するとゴミ箱に入りますが、タグを間違って消してしまうと復元不可能なので、この方法で必ずバックアップしておくことをおすすめします。

 

 

方法A Evernoteのプレミアム会員になる

 これはお金はかかりますが、最も簡単で確実な方法です。Evernoteのプレミアム会員の機能の1つに、ノートの変更履歴の閲覧&復元機能があります。Evernoteサーバーはノートの変更履歴のバックアップを1日数回取っています。Evernoteの有料会員は非常に多機能なので、このバックアップ復元以外の目的でも役に立ちます。以下は有料会員の場合の操作方法です。

 

 まず、ノートの右上の「 i 」をクリックして表示されたノート情報の中の「履歴を表示」からノートの変更履歴を見ることができます。(Windowsでは少し操作方法が違うかもしれません。)

 

 私はホームページに書く記事を思いついたときに、そのときに手元にあるiPhone・iPad・Macなどでメモを取っています。この「ホームページに書きたいこと」ノートの「履歴を表示」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

 

 

 このWebページからノートを閲覧したりインポートすることができます。このノートだけでも履歴が20件以上保存されているので、少なくとも20件は履歴が残ります。どこまで保存されるのか分からないですが、20件もあれば心強いですね。

 

 

方法B 無料のWindowsソフト 「Evernote Exporter」 を使う

 方法Bは、Windowsでのみ使える方法です。Windowsユーザーは「Evernote Exporter」という無料のWindowsソフトを使ってバックアップを取ることができるようです。私はMacユーザーなので使ったことがありませんが、非常に細かくバックアップを取れるらしいです。Windowsの方は試してみる価値はあると思います。

 

 

まとめ

 私自身は、方法@と方法Aを使っています。プロジェクト管理ソフトのOmni Focusに1週間に1回、方法@で全ノートのバックアップを取るようにタスクを設定しています。また、プレミアム会員になっているので、ノートの履歴が見たくなったときは方法Aを使います。

 

 この他にも、複数のデバイスでEvernoteを使っていればリスク分散になります。間違ってノートの中身を消して同期してしまった際も、別のデバイスでオフラインにして同期できない状態でEvernoteを開き、必要なノートだけバックアップすれば小さな削除ミスには対応できます。

 

 いろいろと方法はありますが、Evernoteプレミアム会員が一番便利なので、取りあえずプレミアム会員になっておくと良いと思います。ですが、Evernoteサーバーは無料会員のノートのバックアップも取っているので、どうしてもノートを復元したくなった時だけ1ヶ月450円でプレミアム会員に登録するのもアリだと思います。


無料アカウント作成
(↑こちらのリンクから登録すると、プレミアム会員が1ヶ月無料になります)




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

Evernoteプレミアム会員の特典

Evernoteを最大限に活用してすべての情報を管理するには、プレミアム会員になることが不可欠です。無料会員とプレミアム会員の違いをご説明します。

Evernote 関連記事

Evernote
Evernoteとは何か、Evernoteの3つ特徴を分かりやすく説明します。
ノートの整理の仕方
Evernoteノートの整理の仕方を「ノートブック」「タグ」の2つの観点から説明します。
厳選!Evernote連携アプリ
Evernoteを最大限に活用するためのEvernote連携アプリをご紹介します。
Evernoteプレミアム会員の特典
Evernoteを最大限に活用してすべての情報を管理するには、プレミアム会員になることが不可欠です。無料会員とプレミアム会員の違いをご説明します。
Evernoteをバックアップする
Evernoteのノートをバックアップする3つの方法を説明します。