覚えておきたいショートカット



   <お知らせ>
MacユーザーにおすすめのWebサイト「StackSocial
MacアプリのBundle(詰め合わせ)が格安で購入できる海外のサイトで、私もデザインや開発系のアプリや素材を購入するのに月2、3回使ってます!



ファイルの切り取り・移動

 WindowsからMacに乗り換えた人が一番最初に戸惑うのが、ファイルの「切り取り」だと思います。Windowsでは、ファイルを「Control+C」でコピー、または「Control+X」で切り取ることができ、「Control+V」で貼り付けられます。右クリックでも同様の操作ができます。しかし、Macでファイルを右クリックしても、「コピー」しか表示されません。

 

 なので、Macユーザーはファイルを移動するときに、2つのフォルダを開いてドラッグ&ドロップすることがよくあります。しかし、実はファイルの「切り取り」「移動」をするときのショートカットがあります。

 

 

 コピーするときは「Command+C」で同じですが、貼り付ける際に「Command+Option+V」を使うことで、ファイルを切り取って貼り付ける(移動する)ことができます。

スクリーンショットを撮る

 Macでスクリーンショットを撮るには、「Command+Shift+3」を押します。画像ファイルは、デスクトップに保存されます。

 

 

 これで画面全体のスクリーンショットが撮れますが、画面の一部を選択してスクリーンショットを撮るには「Command+Shift+4」を押します。

 

その他

 この2つだけ覚えておけば、取りあえず操作でストレスが溜まったり、困ることはなくなると思います。これ以外は、ショートカットを使うと便利ですが、普通に操作してもそんなに問題ないものがほとんどです。一応、いくつか簡単に紹介しておきます。

 

  Command+Q 「アプリケーションの画面を閉じる」
  Command+M 「画面を一時的にDockにしまう」
  Command+Z 「操作を1つ戻す(取り消す)」

 

ファイルを選択した状態で、
  Command+Delete 「削除する」
  Command+I 「情報(プロパティ)を見る」
  Return(Enter) 「ファイル名を変更する」

 

 キーを2つ組み合わせる主なショートカットを紹介しましたが、この他にもキーを3つ以上組み合わせたり、キーとドラッグを組み合わせるものもあります。最後に、ファイルのエイリアス(ショートカット)を簡単に作成する方法をご紹介します。

エイリアス(ショートカット)の作成

 Macでファイルのエイリアス(ショートカット)を作成するには、「Command+Optionを押しながら、ファイルをドラッグ&ドロップ」します。ドラッグ&ドロップした先に、エイリアスが作成されます。

 




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

Mac必須アプリ

Macアプリの中で、私が実際に使って良かったアプリを厳選して紹介します。

Mac 関連記事

覚えておきたいショートカット@
Windowsの「切り取り」に相当するショートカットなど、Macユーザーが覚えておきたいショートカットをご紹介します。
覚えておきたいショートカットA
CapsキーをCommandに変えてコピペを楽にする方法、フォルダの階層を移動するショートカット、アプリを素早く立ち上げる方法などをご紹介します。
Macアプリ
Macのおすすめアプリをご紹介します。
Mac必須アプリ
Macアプリの中で、私が実際に使って良かったアプリを厳選して紹介します。
仕事の生産性を高めるOmniシリーズ
タスク管理、プロジェクト管理、アウトライン作成、グラフ・チャート作成など、仕事の生産性を高めるOmniシリーズの5つのMacアプリを紹介します。
Mountain Lion
Mac OS X Mountain Lionの新機能についてご説明します。
Documents in the CLoud
Mac・iPad・iPhoneでの文書編集をさらに便利なものにする「Documents in the Cloud」についてご説明します。