iPhone5 - SoftBankとauの比較


iPhone5 - SoftBankとauの比較

 9月21日にiPhone5が発売され、iPhone5への買い替えを検討している方もいらっしゃると思います。今回は、「iPhone5 - SoftBank vs. au」ということで、SoftBankとauのどちらのiPhone5を買ったら良いのかということを、@料金、Aネット接続、B現在契約中のキャリアの3つの視点から解説します。

 

(*この記事は2012年9月28日に書かれたものです。料金やサービス内容は変更されている可能性がありますので、詳しくは携帯会社のホームページをご覧ください。)

 

料金

 基本的な月額料金に差はほとんどありません。パケット定額が5460円、ネット接続サービス料が約300円です。テザリングもキャンペーンで最大2年間無料になりますし、端末代金も2年間使ったときの実質代金は同じです。

 

 ただ、実質ではない端末代金は16GBモデルの場合、SoftBankが51360円(2140円×24ヶ月)、auが61680円(2570円×24ヶ月)と、SoftBankの方が約1万円安くなっています。ですが、月々割もSoftBankが2140円、auが2570円となっているため、2年間使ったときの実質端末代金は変わりません。ここで問題となるのが、新型iPhoneが出て途中で乗り換えする場合です。乗り換えをすると月々割が適用されなくなり、残っている端末代金を払い続けることになるため、残り支払い月数×430円(2570円-2140円)SoftBankの方が安くなります。例えば、1年で解約したらSoftBankの方が端末代金は5000円安くなります

 

ネット接続

 まず、テザリングをauは9月21日の発売日から利用できますが、SoftBankは2013年1月まで待たなくてはいけません。なので、それまで待てない方はauで決まりです。特にWiFiルーターを解約して料金を一本化しようとしている方は、3ヶ月で1万円ほどの差が出るはずです。

(*テザリング…iPhone5を通してノートPCやタブレットなどの無線LAN対応機器をネットに接続できる機能)

 

 現時点での通信の繋がりやすさですが、3GもLTEもauの方が繋がりやすいと思います。東京を中心とする関東では、3GもLTEも実測値を比較するとauの方がつながりやすいという結果が多く出ています。 あくまで現時点での話なので、来年の春以降はどうなるのか分かりません。

 

 取りあえず、今のところネット接続では総合的にauの方が良いと思います。

 

現在契約中のキャリア

 「現在契約中のキャリア」とは、現在Docomo・Softbank・auのうちどのキャリアの携帯・スマホを使っているかということです。携帯の代金・月額料金は、他社から乗り換える「新規契約(MNP)」と、携帯を換えるだけの「機種変更」で料金に差が出ます。

 

 SoftBank・auどちらも色々なキャンペーンをやっていますが、「新規契約」の場合の割引はSoftBankもauも同じです。ただ、機種変更の場合はSoftBankの方が安いようです。

 

 

結論

以下には、キャリア別にどうするのがベストかという結論を書きました。あくまで私の意見ですので、料金の確認や最終判断はご自身でお願いします。

 

現在Docomoを使っている方

 

 SoftBankもauも料金はほとんど同じです。電波状況も良く、すぐにテザリングを利用できるauに変えた方が良いと思います。

現在auを使っている方

 

 料金で言えばSoftBankに乗り換えた方がお得です。auで機種変更した場合、実質端末代金は2年間で9360円高くなります。基本料金の割引がないので、23520円(980円×24ヶ月)高くなります。その分、9975円の解約金はかかりません。つまり、9360円+23520円−9975=22905円安くなります。

 

 SoftBankの電波状況や携帯アドレスが変わってしまうことなどを考慮した上で、2万円安いSoftBankにするかどうか決めれば良いと思います。

 

*auスマートバリューを使っている場合は、SoftBankに変えずにauで機種変更した方がお得です。

現在SoftBankを使っている方

 

 auに乗り換えた方がお得です。SoftBankで機種変更する場合、基本料980円が最初の1年間だけ半額になるため、490円×12ヶ月+980円×12ヶ月=17640円かかります。auに乗り換える場合、解約金9975円がかかりますが、基本料980円が2年間無料になります。つまりauの方が、17640円−9975円=7765円安くなります。料金の他にも、電波の繋がりやすさも改善されるかもしれません。

 

 ただ、SoftBankの方が途中解約した際の端末代金が430円×残り支払月数だけ安くなっています。iPhone4S発売からiPhone5発売までが1年間でしたが、仮に1年後に新型iPhoneに換えるために解約した場合は、430円×12ヶ月=5160円分SoftBankの方が安くなります。そうすると、auに変えた場合とほとんど料金では差がなくなります。

 

 SoftBankを使っている方は、料金の面ではauへの乗り換えでも機種変更でも大差はありません。SoftBankのブランドが好きであったり、iPhone4/4S買い取りサービスを使ったり、携帯アドレスを変えたくない場合はSoftBankで機種変更すれば良いと思います。また、少しでも安い料金とネットの繋がりやすさを求めてauに乗り換えたい方は、それも良いと思います。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

iPadの選び方

iPadの選び方を「ネット接続」「容量」「カラー」の3つの観点からご説明します。

iPhone 関連記事

iPhone5 - SoftBank vs. au
iPhoneケースやBluetoothキーボードなど、iPhoneのためのアクセサリーを紹介します。
iPhone5アクセサリー
iPhone5のケースや液晶フィルム、モバイルバッテリーなどを紹介します。
iPhone4・4Sアクセサリー
iPhoneケースやBluetoothキーボードなど、iPhoneのためのアクセサリーを紹介します。
iPhone必須アプリ20選
乗り換え案内や地図アプリなど、iPhoneに欠かせないアプリを20個選びました。